50代女のたわ言

50代女がこれからの人生のために試行錯誤するブログです

50代からの恋愛・結婚


スポンサーリンク

バツイチは知ってたけど没イチって…

没イチとは?配偶者に先立たれた人のことをそう呼ぶのですね。私的にはちょっと衝撃的でした。

 

没イチって言葉は賛否両論?

 確かにカジュアルすぎるかな?

 

こんな意見も… 

 

 

没イチの人を対象にした婚活パーティーをテレビで見ました。没イチの女性はとても元気だけど男性はちょっと切ない感じなのが印象的。番組では、そんなちょっと切ないけどそれでも前を向いて新しい人生を生きたいと婚活ハーティーでパートナー探しをしている男性二人にスポットを当てていました。

 

 

男性Aさんは、おしゃべりが楽しく女性ともすぐに打ち解けるタイプの人。男性Bさんは、結婚歴なしの口下手な男性。さて、2人の婚活はどうなるのでしょう?

 

没イチさんたちの婚活パーティーも若者のそれと同じです。広い会場には50代以上の男性と40代以上の女性が集い、回転ずしの寿司のごとく男性が女性の前に移動して話をしていきます。お互いが気に入ったらカップル成立ですが…

 

【Aさんの場合】

Aさんは婚活パーティー常連者です。持ち前の楽しいおしゃべりで女性に人気のAさん。すぐにパートナーが決まってもおかしくないAさんが何度も婚活パーティーに来る理由は…

Aさんは現代社会が抱える問題と直面していました。Aさんは90代のお母さまの介護をしています。今まで数多くの女性がAさんを気に入ってくれましたが、介護の話に及ぶとそれでもいいと言ってくれる女性はいなかったのです。

確かに第二の人生のための結婚に介護はいらない…それも仕方ないことですね。そんな切ない問題と直面しているAさんでした。

 

【Bさんの場合】

Bさんは絵を描く画家さんです。自宅での仕事のためあまり人と話すことがない人生でした。特に女性と話すのが苦手で60歳になった今まで一度も結婚をしたことがありません。しかし、年齢を重ねるうちに誰かと一緒に過ごしたい気持ちが芽生えてきたそうです。そして勇気を振り絞り婚活パーティーへ。

見た目が若くてスリムなBさんは決してモテないタイプではありません。画家という職業にも興味を持つ女性がいました。だのに、だのに…女性とお付き合いをしたことがないBさんにはその空気が全く読めなかったのです。女性は会話をしてくれないBさんに脈がないものと離れて行ってしまいました。

 

この番組を見ての感想は、介護のこととか誰の身にも降りかかってくること。それが元で恋愛も結婚もできないなんて…私も没イチになるかもしれないし、息子がいるので親の気持ちになるととても切ないです。

それにしても、いくつになっても恋愛の主導権は女性やな。なんだかんだいって女性ありき、手のひらで転がされるのが男性なのだなあ~と思いました(笑)

 

「人生はサバイバル」といった人がいました。確かに生きるって弱肉強食ですね。そう考えると男は力尽き、そのうち将来的に地球には女しかしなくなるんとちゃうか?なんて思っちゃいました。怖っ、怖っ(笑)

 

 

f:id:yutach2017:20170711111511j:plain

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村